主人の会社が業績悪化中…

そんな状況の中、主人の収入だけに頼って生活しているのは不安だから、40過ぎのおばさんだけど就職しようと考え始めた。
そこでぱっと考え付いたことは、資格を取ること。
色んなサイトで調べてみた結果、女性の再就職に強い!って医療事務をオススメしてるサイトが多かったから医療事務の資格を取ろうと思った。
でも慎重派の私は、本当に医療事務が再就職に強いのか、40代でも採用してもらえるのかをもうちょっと調べてみることにした。

 

すると出てきたのは、現実は厳しいと言うものが多かった。
何か資格を持っていたとしても、未経験で40歳以上の人を雇う会社はないなんて言われるらしい。
確かに考えてみれば若い人に比べて未経験でも給料は高めに設定しなきゃならないし、仕事を教えようにも素直な人ならいいけど40代にもなると年下の言うことは聞き入れない人が多いし、長く働いてくれるかと言えばそれも期待できないし…。
40代を雇うメリットなんてないんですよね。
わざわざ資格を取ってまで医療事務で働こうとする、私にとってのメリットもないのかなって思いました。
医療事務の講座を開いている学校なんかはやっぱり生徒が欲しいからなのか、40代50代でも頑張って働いてる人も多いですーなんて、年齢についての問い合わせには答えてるところ多そうだけど、騙されないように気をつけないといけませんね。

 

よほどの理由がない限りは、普通にスーパーでレジ打ちのパートをするほうが良いのかもしれません。
でもやっぱり、それじゃあ主人の会社がダメになった時、少しの間だけでも大黒柱として…と考えると心もとない。
40代でも正社員として就職できる方法ってないのでしょうか。

40代で正社員を目指す方法

派遣会社に登録して派遣として働き、正社員に登用されるのを待つことでしょうか…。
もちろん登用される保障なんてないですし、ものすごく頑張って働かないことにはその入り口にすら立たせてもらえないでしょう。
それだけの価値が正社員と言う肩書きにはあると思います。
しかし、40代でそこまで頑張れる体力が私にはありません。

 

やっぱり手堅いのは、資格を取ることなんじゃないでしょうか。
それも、飛び切り就職に強い資格。

 

就職に強い資格って何があるんでしょう。
国家資格であれば間違いないと思います。
栄養士だったり介護福祉士だったり、高齢化社会と言われる日本では今後も引く手数多な資格に見えます。
最近世間を賑わせている保育士もですね。
保育士は収入の低さと重労働さのバランスが悪いことで人材不足に陥ってるそうで、とにかく国には保育士を増やす施策を行ってほしいものです。
このままでは保育園が安心して子供を預けられる場所ではなくなってしまいそうですし。
月5万円くらい給料を上げるって話があったような気がしますが、それが実行されるだけでかなり違うのではないでしょうか。
保育士さんの手取りは15万円にも届かないことがあるとかって聞いた気がするので…。
せめて20万円はほしいですよね。

 

士業なんかはすっごく強そうです。
弁護士や会計士…。
でも一握りの人しか取れないような資格を、平凡な40代主婦の私が目指すなんて現実的ではないですよね。

 

ちなみに、最初に考えた医療事務にもたくさん資格はあって。
医療保険士、医療事務管理士、メディカルクラーク、医療秘書、デンタルアテンダントなど30種類以上あるみたい。
そんな中で1つだけ、公的資格って言う厚労省が認定しているのは、多少就職には強いそう。
その名も、診療報酬請求事務能力認定試験。
未経験でも、実務経験者と同じくらいの能力がある証明になる資格だそうだから、経験者主義な世界で唯一通用するんじゃないでしょうか。
40代未経験でも持っていれば採用されるってくらいかはわかりませんが…。
もし私がこの診療報酬請求事務能力認定試験に挑戦するなら、家事をこなしながら勉強することになるのでできれば通信講座が希望。
通学は移動時間がもったいないし、子持ちの主婦にとってはハードル高いと思います。
一応、通信講座ならこの診療報酬請求事務能力認定試験についてのサイトで紹介されてるのが人気みたい。

士業でも比較的取りやすい資格

宅建ってありますよね。
正式名は宅地建物取引士。

 

これって、調べていたらどうやら士業でも半年ほど真面目に勉強すれば取れる資格で、しかも未経験でも採用されやすいんだとか。
仕事内容は不動産取引の重要事項に関する資料への押印などで、体力的にも比較的楽。
40代主婦にとって、かなりぴったりな仕事ではないでしょうか。

 

何で未経験でも採用されやすいのかと言うと、不動産屋さんは従業員5人につき1人は宅建保持者を雇用してないといけないらしいのです。
小規模な不動産屋さんの場合、その1人が突然辞めてしまったりした場合に営業できなくなっては困るからと、少し多めに宅建保持者を採用するそう。
未経験だから不採用なんて余裕を見せてはいられないわけですね。

 

この宅建、就職先は不動産屋さん以外にも色々あるみたいです。
金融や保険、小売などと言った分野でも需要あり。
宅建士としてでなく、営業の募集があった時でも履歴書に宅建保持者と書いてあればそれだけで採用率はかなり高くなるなんて情報もありました。
就職先に色んな選択肢が生まれる資格は他にあまりないんじゃないでしょうか。

 

通信講座も豊富ですし、費用も10万円以下と手が出ない金額ではありません。
40代主婦が就職を目指すなら、宅建の資格を取ることが一番かもしれませんね。

宅建の通信講座

  • フォーサイト
  • ユーキャン
  • エルエー
  • LEC
  • 大原

ちょっと調べただけで見つかりました。
人気資格だし、もっと時間かければまだまだ見つかるでしょう。

 

この中から選ぶなら、フォーサイトかユーキャンかって気がします。
フォーサイトは初めて知りましたけど、合格率が全国平均の約15%に対して約60%とかなり高い。
通信講座でもこれだけの合格率を出しているってことは、わかりやすさの証明じゃないかと。
また、合格率をちゃんと公表してくれているのも安心感があります。
いくら有名な通信講座でも、合格率がわからないんじゃ不安な中で勉強することになりますし。

 

個人的にはフォーサイトかなって思う。
費用が安いのはありがたいし、講師の方の笑顔がすごく良い人そうなのもポイント高い笑

でもやっぱり選ぶなら

医療事務の資格かなって思う。

 

主人は会社の業績悪化は必ず回復させてみせるから信じてほしいって言っているし、そこを支えてこそ私の存在意義があるかなって。
頭の中お花畑って言われちゃうかもしれないけど、主人のことは誰よりも信じているから、そこまで心配して就職しようとする必要はない気もしてきました。

 

それでも、家にこもりっきりなのもイヤだし、たまには外で働きたい。
だったら医療事務がぴったりかなって。
まずは難しい診療報酬請求事務能力認定試験にはすぐ挑戦せずに、基礎的な勉強をしてみようと思ってる。
診療報酬完全攻略って言う本が独学に向いてるらしいから買ってみます。
メルカリなんかで探すと結構出品されてたし、安いの出てくるの待ってるところですね。

 

しばらくは主人を支えることを第一に。
様子を見て自分の社会復帰も考えていこうと思います。